This is News title sample dude go check it out

日本に、そして東北にインバウンドを呼び込める観光企画力と実践的な日本語を身につける

日本ならではの「おもてなしのプロ」を育成する国際おもてなし科は、2つのコースに分かれています。 日本人の学生は「観光ビジネスコース」で、外国人観光客向けのサービス能力や観光企画力を養い、 留学生は「日本語習得コース」で日本語能力試験上級合格を目指しながら、実践的な日本語を身につけます。 また、国籍を超えた交流により、自然に国際感覚が身につくこともこの学科の特徴です。

国際おもてなし科  4つの柱

ホテルレセプション

英語コミュニケーション能力
「使える英語」を徹底して学ぶ。

スマートフォンやパソコンを利用して、24時間受講できる英会話レッスンを導入。頻繁に英語に触れる機会を設けることで、使いながら英会話をマスターします。コミュニケーションスキルと堪能な語学力があれば、外国人への対応もスムーズに。ホテルや旅館、観光分野の就職に向けても強いアピールポイントになります。 ホテルの就職試験は、4〜5月に集中します。つまりエントリーは、1月には始まっているのです。大学卒業前にエントリーだけでも始めておく事が大切。

おもてなし力
ホスピタリティの質を高める。

日本文化やプロトコール(国際儀礼)、海外事情を把握するカリキュラムはもちろん、外国人に日本の素晴らしさを伝達することを目的とした講義も充実。また、レストランサービスや接客・販売などの実技を通して、相手の立場でホスピタリティを実践できる能力を勉強。世界的な視野を持ったおもてなしのプロを目指します。

ビジネススキル
社会人として頼られる資質を宿す。

IT技術を駆使してコミュニケーションやプレゼンテーションできる人材は、どの業界においても貴重な存在です。ビジネスシーンで求められる資格取得を目標に、社会人として持ち併せておくべきビジネススキルも習得。授業での指導はもちろん、毎日のスーツ着用などのマナー教育により、自然に社会人基礎力が身につきます。

人間関係能力
実習やボランティアで自分を磨く。

本校の母体となるYMCAグループは、125の国と地域で様々な活動を行っています。世界中に拡がるネットワーク、そして地域に根ざした活動は、海を越えて様々な人と出会えるチャンスでもあります。サンフランシスコでのボランティア研修や、タイ農村ワークキャンプなどの国際活動※に参加することで、人間力の向上を図ります。

この科でめざす職業

  • 旅館スタッフ
  • ホテルスタッフ
  • 海外ホテルスタッフ
  • レストラン・バンケットスタッフ
  • 百貨店スタッフ
  • トラベルプランナー
  • ツアーコンダクター
  • 外資系企業スタッフ
  • 貿易会社 など