募集要項

募集内容


募集学科 定員 修業年限 出願資格
商業実務専門課程 ホテル科 40名 2年 高等学校卒業(見込み)または同等以上の学力を有する方
国際おもてなし科 20名 2年
衛生専門課程 ホテルパティシエ科 20名 2年 高等学校卒業(見込み)または同等以上の学力を有する方
附帯教育事業 通信課程 製菓衛生師科 土日コース 40名 1年※2 義務教育卒業(見込み)または同等以上の学力を有する方
集中コース※1 40名
土曜課程 洋菓子・製パン科 洋菓子コース 12名 前期
(4月~9月)
製パンコース 12名 後期
(10月~3月)

※ 通信課程製菓衛生師科 集中コースは、3月20日の時点で出願者が10名以下の場合は開講致しません。
※ 通信課程製菓衛生師科は、最長3年間までの在籍が可能です。(継続手数料は、継続1年毎にかかります)

Top

入学方法


学校長
推薦入学
社会人
自己推薦入学
一般入学A 一般入学B
学科名 ホテル科
国際おもてなし科
ホテルパティシエ科
ホテル科
国際おもてなし科
ホテルパティシエ科
ホテル科
国際おもてなし科
ホテルパティシエ科
製菓衛生師科(通信課程)
洋菓子・製パン科
推薦基準 以下の3つに該当する方
◎現高校3年生の方
◎3年間の学業成績の平均が3.0以上の方
◎人柄、健康、忍耐力、協調性に優れている方
以下の2つに該当する方
◎高校卒業以上の方
◎社会人として1年以上働いた経験があり、学校の指導に従って自己能力を伸ばし ていこうという意志のある方
出願書類 ①本校指定の入学願書
※写真(4cm×3cm)2枚貼付
②出身校校長の推薦書(本校指定用紙)
③高等学校調査書
④卒業見込み証明書
⑤成績証明書
(④⑤は調査書に含まれている場合は不要)
①本校指定の入学願書
※写真(4cm×3cm)2枚貼付
②卒業証明書または卒業証書のコピーのいずれか
※卒業証書のコピーの場合は、出願時または初回来校時に原本持参
③高等学校卒業程度認定 試験合格証のコピー(高等学校卒業程度認定試験合格または見込みの方のみ)
①本校指定の入学願書
※写真(4cm×3cm)2枚貼付
②高等学校調査書
③卒業見込み証明書
④成績証明書
⑤高等学校卒業程度認定 試験合格証のコピー(高等学校卒業程度認定試験合格または見込みの方のみ)
①本校指定の入学願書
※写真(4cm×3cm)2枚貼付
②中学校以上の卒業(見込み)証明書または卒業証書のコピーのいずれか
※卒業証書のコピーの場合は、出願時または初回来校時に原本持参
選考方法 書類選考
面接による適性検査
書類選考
面接による適性検査
書類選考
作文または筆記試験
面接による適性検査
書類選考
入学検定料 15,000円 15,000円 15,000円     5,000円
願書受付
期  間
2017年10月1日(日)~2018年3月26日(月)
※定員に達した場合は、受付を行わない場合があります。
※日曜・祝日及び12月27日(水)~1月4日(木)は窓口はお休みです。
窓口時間 10:00~17:00(土曜日は、16:30まで)
合格発表 入学試験から1週間以内に、受験者本人および学校長宛に通知します。 入学試験から1週間以内に、受験者本人に通知します。 入学試験から1週間以内に、受験者本人に通知します。 1週間以内に、受験者本人に通知します。
出願方法 ◎郵送の場合
封筒に出願書類及び入学検定料(無記入の郵便為替)を入れ簡易書留にて送付してください。
〒980-0822 仙台市青葉区立町9-7
仙台YMCA国際ホテル製菓専門学校 入学願書受付係

◎持参の場合
本校まで出願書類及び入学検定料(現金)をご持参ください。
Top

AO入試について


AO入試制度とは

AO入試制度とは、あなたの学力だけでなく、あなたのよいところをあらゆる角度から評価する入試制度です。

■アドミッションポリシー(求める学生像・入学者選抜基本方針)

YMCAの4つの価値を大切にし、ホスピタリティ業界のあらゆる場面においてその価値を実現できる学生を育てます。
◎YMCAの4つの価値
    Caring(思いやり) 相手を自分のことのように大切にする。
    Honesty(誠実さ) 自分に素直になることができる。
    Respect(尊敬心) 誰に対しても尊敬の気持ちを持つことができる。
    Responsibility(責任感) 相手の期待や思いに心から応えることができる。

■募集学科/ホテル科・国際おもてなし科・ホテルパティシエ科

■AO入試の流れ

仙台YMCA国際ホテル製菓専門学校AO入試の流れ


Top

入学試験日・合格発表・入学手続


入学選考日
※試験時間は個別に連絡
願書締切日(必着) 結果通知発送日 入学手続締切日
第1回 2017年
10月  7日(土)
10月  4日(水) 10月10日(火) 10月26日(木)
第2回 10月21日(土) 10月18日(水) 10月23日(月) 11月  8日(水)
第3回 11月  25日(土) 11月  22日(水) 11月  27日(月) 12月13日(水)
第4回 12月  2日(土) 11月29日(水) 12月  4日(月) 12月20日(水)
第5回 2018年
  1月13日(土)
  1月10日(水)   1月15日(月)   1月31日(水)
第6回   2月  3日(土)   1月31日(水)   2月  5日(月)   2月21日(水)
第7回   2月24日(土)   2月21日(水)   2月26日(月)   3月14日(水)
第8回   3月17日(土)   3月14日(水)   3月19日(月)   3月30日(金)
第9回   3月29日(木)   3月26日(月)   3月30日(金)   4月  6日(金)

注)1. 入学を許可された方は、合格通知に同封する入学手続要項に従って手続を完了してください。
注)2. 入学手続締切日までに連絡がなく手続きがされない場合は、入学を辞退されたものとみなします。
        入学手続締切日までに手続きが難しい場合は、ご相談ください。
注)3. 定員に達した場合、入学試験を実施しない場合があります。ホームページ等でご確認の上、出願ください。

Top

学費(ホテル科・国際おもてなし科)

学費

入学金 授業料 設備費 演習費 合計
1年次 100,000円 610,000円     70,000円 100,000円 880,000円
2年次 610,000円     70,000円 100,000円 780,000円
- - - - 合計 1,660,000円

その他の費用①…入学手続き時にご納入いただくもの

ホテル科 国際おもてなし科 内容
学生会費       2,000円       2,000円 学生主体の行事(スポーツ大会・学園際等)やサークル活動費用
保健衛生費     15,000円     15,000円 健康診断費用、インターンシップ保険料、傷害保険料、検便費用等
各種検定費用     25,000円     25,000円 英語検定、秘書検定、販売士検定等の検定料預り金で実施後過不足を精算
首都圏ホテル
見学会費用
    70,000円     70,000円 9月に実施される首都圏の一流ホテルでの研修費・宿泊費(一年次のみ)
合計 112,000円 112,000円

その他の費用②…5月中にご納入いただくもの

ホテル科 国際おもてなし科 内容
教材費・実習器具
実習服代
約100,000円 約100,000円 テキスト代、ユニフォーム代等2年次は選択科目によります。

①3月31日までに入学辞退の意志表示をした方は、入学金を除き返還いたします。
②学費は、一括納入を原則とします。ただし、分割納入制度を利用することにより分納が可能です。
③学費には、テーブルマナー、就職研修費等が含まれます。
④2年次学費は、1年次の2月ごろにご案内し、3月31日までに納入いただきます。

Top

学費
(ホテルパティシエ科)

学費

入学金 授業料 設備費 演習費 合計
ホテルパティシエ科(1年次) 100,000円 800,000円 150,000円 150,000円     1,200,000円
ホテルパティシエ科(2年次) - 610,000円    90,000円 150,000円        850,000円
- - - - 合計     2,050,000円

その他の費用①…入学手続き時にご納入いただくもの

ホテルパティシエ科 内容
学生会費       2,000円 学生主体の行事(スポーツ大会・学園際等)やサークル活動費用
保健衛生費     15,000円 健康診断費用、インターンシップ保険料、傷害保険料、検便費用等
首都圏ホテル・パティスリー
見学ツアー費用
    70,000円 9月に実施される首都圏の一流ホテルでの研修費・宿泊費、ジャパンケーキショーへの参加と首都圏ケーキ店等の見学費用
宮城県洋菓子
協会年会費
    18,000円 洋菓子業界紙(ガトー)12回分。協会員として行事などに参加ができます
合計 105,000円

その他の費用②…5月中にご納入いただくもの

ホテルパティシエ科 内容
教材費・実習器具
実習服代
約110,000円 テキスト代、ユニフォーム代等2年次は選択科目によります。

①3月31日までに(土曜課程10月入学の場合は9月30日)入学辞退の意志表示をした方は、入学金を除き返還いたします。
②学費は、一括納入を原則とします。ただし、分割納入制度を利用することにより分納が可能です。
③学費には、テーブルマナー、就職研修費等が含まれます。
④2年次学費は、1年次の2月ごろにご案内し、3月31日までに納入いただきます。

Top

学費
(通信課程製菓衛生師科/土曜課程洋菓子・製パン科)

学費

入学金 授業料 演習費 合計
製菓衛生師科 20,000円 120,000円 50,000円     190,000円
洋菓子・製パン科 20,000円 400,000円 -     420,000円

①通信課程製菓衛生師科のスクーリング費用とテキスト代は授業料に含まれます。(参考図書を除く)
②通信課程製菓衛生師科の在籍は3年間可能ですが、1年延長するごとに事務手数料5,000円が必要です。
また実習補講参加の場合は、1回2,000円の材料費がかかります。使用テキストが変更になった時は実費テキスト代が必要です。

Top

学費サポートについて

分割納入制度

学費(授業料、設備費、演習費)の納入につきましては、分割納入が可能です。 分納をご希望の方は、入学手続き時に「分納誓約書」をご請求ください。 以下のプラン以外での分納をご希望の方は、ご遠慮なくご相談ください。 なお、中途退学した場合でも、未納の学費等は退学時に全額納入していただきます。

■1年次 ホテル科・国際おもてなし科

入学手続き時 5月30日まで 7月15日まで 合計
入学金 100,000円     100,000円
授業料 100,000円 260,000円 250,000円     610,000円
設備費     70,000円 - -       70,000円
演習費 100,000円 - -     100,000円
合計 370,000円 260,000円 250,000円     880,000円

○上記の他に、「その他の費用①」は、入学手続き時に、「その他の費用②」は、5月30日までにご納入いただきます。

■ホテルパティシエ科

入学手続き時 3月31日まで 5月30日まで 7月15日まで 合計
入学金 100,000円 - - -     100,000円
授業料 200,000円 200,000円 200,000円 200,000円     800,000円
設備費 - 50,000円 50,000円 50,000円       150,000円
演習費 - 50,000円 50,000円 50,000円     150,000円
合計 300,000円 300,000円 300,000円 300,000円     1,200,000円

○上記の他に、「その他の費用①」は、入学手続き時に、「その他の費用②」は、5月30日までにご納入いただきます。

■通信課程 製菓衛生師科

入学手続き時 7月15日まで 合計
入学金 20,000円 -     20,000円
授業料 60,000円 60,000円     120,000円
演習費 25,000円 25,000円 50,000円
合計 105,000円 85,000円   190,000円

■土曜課程 洋菓子・製パン科

入学手続き時 7月15日まで
10月入学の場合は12月15日まで
合計
入学金     20,000円 -     20,000円
授業料   200,000円   200,000円   400,000円
合計   220,000円   200,000円   420,000円

奨学金制度
対象学科:通信課程・土曜課程を除く全科

制度 貸付金額 対 象 貸付期間 返済
第一種
奨学金
自宅通学 30,000円/53,000円から選択
自宅外通学 30,000円/60,000円から選択
入学後、学校長の推薦を得て、日本学生支援機構の書類審査に合格した方 在学中 卒業後
(無利子)
第二種
奨学金
貸与額は次の金額から選択
3万円・5万円・8万円・10万円・12万円
同上 同上 卒業後
(有利子)

◆ 国の教育ローン(対象学科:全学科)

国の教育ローンは、教育のために必要な資金を融資する公的な制度で、融資額は学生一人につき300万円以内、返済期間は15年以内です。 日本政策金融公庫のほか、最寄の銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協、漁協でも取り扱っています。 詳しくは教育ローンコールセンター(0570-008656または03-5321-8656)、 またはテレフォン・FAXサービス「夢!応援アンサー」(東京03-3242-8739)にお問い合わせください。
日本政策金融公庫ホームページ:http://www.jfc.go.jp/

◆ 学費ローン

ジャックス、オリコ、の各ローン会社では、入学決定後、簡単な手続きのみで資金が融資される学費ローンのサービスを提供しています。 月額均等払い、ボーナス併用払いなどが可能です。在籍中は金利のみの支払いが可能な元金据置払いもございます。


通信課程製菓衛生師科併習割引制度

通信課程製菓衛生師科(1年制・最大3年まで在籍可)を卒業すると、国家資格製菓衛生師の受験資格を得ることができます。 ホテル科及び洋菓子・製パン科の学生が通信課程製菓衛生師を併習する場合、割引制度がございます。併習をご希望の方は、 入学願書提出の際に、通信課程製菓衛生師科にも○印を付けてご提出ください。なお、併習費用は、 本校入学手続費用納入時に納入していただきます。

ホテル科+通信課程製菓衛生師科入学の場合

ホテル科学費 通信課程学費 合計
入学金   100,000円 免除   100,000円
授業料   510,000円   120,000円   630,000円
設備費     70,000円 -     70,000円
演習費   100,000円     50,000円   150,000円
合計   780,000円   170,000円   950,000円

土曜課程 洋菓子・製パン科+通信課程製菓衛生師科入学の場合
(※洋菓子・製パン両方を受講したときのみ適用)

土曜課程学費 通信課程学費 合計
入学手数料         5,000円 免除   5,000円
入学金 免除     20,000円     20,000円
授業料   300,000円   120,000円   420,000円
演習費 -     50,000円     50,000円
合計   305,000円   190,000円   495,000円
※通信課程スクーリング(土日コース)と土曜過程の授業が重なる場合がございます。ご了承ください。

留学生出願について
(対象学科:ホテル科/国際おもてなし科/ホテルパティシエ科)


◆入学資格要件

 1)外国において12年の学校教育を終了した者とする。ただし、準備教育課程を卒業し通年12年の学校教育を終了した方を含む。
 2)入学資格要件のうち、日本語能力に関しては以下①~⑤のいずれかの要件を満たす方(専ら日本語の教育を受けようとする場合は除く)とする。
       ① 法務大臣により告示されている日本語教育機関で6ヶ月以上の日本語教育を受けた方。
       ② 公益財団法人日本国際教育支援協会及び国際交流基金が実施する日本語能力検定のN1またはN2に合格した方。
       ③ 独立行政法人日本学生支援機構が実施する日本留学試験において、日本語読解、聴解及び聴読解の合計で200点以上取得した方。
       ④ 財団法人日本漢字能力検定協会が実施するBJTビジネス日本語能力テストにおいて400点以上取得した方。
       ⑤ 学校教育法第1条に規定する学校(幼稚園を除く)において1年以上の教育を受けた方。


◆提出書類
出願書類 内容
入学願書 本校指定用紙
12年の課程を修了した証明書 外国において12年の教育課程を修了したことを証明する書類
パスポートのコピー 旅券番号と顔写真のあるページ、在留期間のあるビザの捺印ページのコピー(試験時に確認いたします。)
最終学歴の卒業証明書 卒業(修了)証明書の原本
在留カード・外国人登録証明書 出願時の登録証の写し
経費支弁に関する証明書 預金通帳の写し、預金残高証明書、収入証明書等
入学資格要件2)を証明する書類 2)①の場合は、成績証明書、出席状況が分かる書類を必ず提出してください。

◆入学試験・学費・オリエンテーションなど

    1)入学試験は一般入学Aのみです。
    2)試験日程、学費納入に関しては、日程と学費を参照
    3)すべての試験は日本語で行われます。(事前に課題をお渡しします。)
    4)入学検定料は免除いたします。
    5)日本語学校を卒業する方は、90%以上の出席率を求めます。
    6)面接試験は、20分程度、日本語で行われます。日本語で行われる授業を受講できる日本語能力があるのか また、将来就こうとする職業に関する適正や勉学の意思と熱意などをお聞きします。
    7)願書提出期限は2月21日(水)(第7回)までとします。提出期限を過ぎる場合はご相談ください。
    8)3月中旬に入学する留学生を対象としたオリエンテーションを実地します。学校での生活についてなど、入学前に丁寧に説明いたします。

各種研修

本校では、学校の授業の他に、様々な学習や体験ができるよう各種研修を実施しています。研修の参加につきましては任意参加となります。


◆ ヨーロッパ研修(対象:全科全学年/任意参加 )

    行先:イギリス、フランスを予定
    期間:12月上旬 約2週間
    費用・期間:約450,000円
     内容:高級ホテル、レストラン、洋菓子店、パン店、カフェなどを巡り施設見学、 および、ヨーロッパの食文化や
              人々との出会いを通して体験を積み上げます。研修スケジュールは、自分たちで計画を立て行動します。