Original

おもてなしを仕事にする ホテルマン no.2

先日、ウェスティンホテル仙台にてホテル・ブライダル見学会が開催されました。

初めて高級ホテルを訪問したという高校生たちは目を丸くしてホテルのきらびやかさに驚いていました。

ウェスティンホテル仙台の方からのホテルの説明の中で、ホテルが提供するものには「五感で感じる快適な空間」があるとおっしゃっていました。

ホテルの仕事は、人が大切であることはなんとなくわかると思います。たとえAIが発達しても一人ひとりにきめ細やかな温かい対応ができるのは人です。つまり、ソフトです。

しかし、圧倒的なきらびやかさなどは、ハードの部分。それも五感に訴えかけるものもホテルには重要なものです。

五感に訴えるおもてなし

たとえば、ウェスティンホテル仙台では、ベッドは「ヘブンリーベッド」(天国のようなベッド)雲の上の寝心地を体験できるベッドです。ふんわりした肌触りで雲に包まれた感じのベッドです。これは「触覚」に訴えるものでしょうかね。

そして、高層ビルからの眺め。仙台の夜景もきれいです。「視覚」です。

おいしいケーキもいただきました。高校生は「いくらでも食べられるー」と叫んでいましたが...。


嗅覚では、お料理の香りはありますが、ホテルの中のほのかな香りも重要です。ウェスティンホテルではホワイトティーの香りがあります。落ち着く香りが和ませてくれます。

そして、適度な静けさも重要。

このように五感に訴えるおもてなしを考えていくのもホテルマンのお仕事なのです。

学校説明会開催!

加藤雄一

加藤雄一

仙台YMCA国際ホテル製菓専門学校校長。東北学院大学文学部英文学科卒。宮城県仙台第一高等学校卒。 いつも学生に親身にアドバイスをくれる校長先生。決して否定せず、学生に寄り添って考えてくれます。就職指導やコミュニケーションの授業の担当もしています。

お問い合わせ

ご不明点はお気軽にお問い合わせください!

その他の記事

YMCA国際ホテル製菓専門学校

学校に関するお問合せ、各種お申込みは指定のフォームまたはお電話ででもお受けいたします
住所:
〒980-0822 宮城県仙台市青葉区立町9-7
電話:022-222-7645
FAX:022-222-4651

学科・コース